越境EC 専門会社 株式会社テントゥワン

http://10to1.co.jp/
http://10to1.co.jp/site-production/
http://10to1.co.jp/sale-support/
http://10to1.co.jp/
http://10to1.co.jp/site-production/
http://10to1.co.jp/sale-support/

データからみる越境EC成功の大きな可能性

下の図は、2014年と2015年の各国のEC市場規模を表したものです(旅行・チケットを除いた金額)。
※以下、「EUにおけるEC関連データ」までの出典は経済産業省。
どの国も2014年より伸びているのがわかります。
中国とアメリカが他国を大きく離しており、特に中国は今後も大きく伸びる国と予想されます。

005

002

以下の表は、アメリカと中国が日本からどれくらいインターネット販売で購入しているか示したものです。
2015年は、アメリカへの販売額が2,019億円、中国への販売額が210億円となっています。
2019年に眼を移しますと、アメリカへの予想販売額は3,023億円、中国へは314億円となっていて、共に約1.5倍となっています。

弊社は、クライアントさんたちに、
東京五輪が決まった2013年9月から「準備をしてください」とお伝えしています。
その「準備」とは海外サイト制作です。今からでももちろん遅くありません。
海外メディアがこぞって「JAPAN」を紹介してくれるのです。みなさまも是非今から準備をしてください。

003

すべてがアメリカと中国向け(講座では中国向けは対象外とさせていただいています)ということではありません。
みなさまが考える商材・サービスは他の国にもアジャストする可能性があります。EU諸国はインフラが安定し、ネット利用率も高く、ECの売上成長率も2桁で推移しています。

海外向けサイトは集客が難しいですが、世界中からアクセスが可能なので、運営していると予想外の国から問い合わせがあったり、提携の話がきたりします。やはり「お店」は持っておかなくてはいけません

海外サイトはみなさまの海外支店です。コンテンツを充実させることによって、
一年365日24時間休むことなく働いてくれます。

004

このようにデータ上は間違いなくインターネットでの越境ECは急伸します。

それは大企業間のものでなく、わたしたち個人レベル・中小企業でも同じなのです。

今から準備をしておいてください。
越境EC初心者でも正しい方法を継続していただければ将来大きな利益を得ることができます。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME