越境EC補助金 申請アドバイス付 海外サイト制作サービス

越境EC補助金 申請アドバイス付 海外サイト制作サービス

2016-06-06

インターネットを通じて日本の商品を販売し、
海外諸外国へ配送することを「越境EC」と言います。

中小企業基盤整備機構による、「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」第1期の募集がはじまりました。

この越境EC補助金を利用し海外に向けてサイトを制作しませんか。

海外視察・展示会出店することなく低予算で世界に商品を販売することが可能。

世界中の国の消費者をターゲットに商圏を拡大することができる。

国内では需要が小さい商品についてもビジネスチャンスが。

なによりも今はライバルが少ない。将来大きな売上をあげる柱となりえます。

下のグラフをご覧ください。日本の人口の推移を表したものです。少子高齢化と共に人口減少となっていきます。
リアル、オンラインと共に今後大きく成長する見込みは少ないと予想できます。

弊社は2007年よりネット輸出ビジネス専門会社として、海外オークションのeBay (イーベイ)や、アメリカのアマゾン、そして海外向けの自社サイトでのサービス・商品の販売に注力し続けています。

多くの海外向けサイトを制作しサポートさせていただいていますが、まだまだ活用し切れていない、若しくはまだ海外に展開していないという企業様がほとんどです。

2020年の東京オリンピック開催が決まり世界中で「JAPAN」が注目されています。

多くのメディアが日本を取り上げてくれることにより、今はまさに無料で宣伝しているような状態なのです。

どんな商品・サービスでも関連します。これは千載一遇のチャンスです。そして今回の越境EC補助金を活用できれば大きく飛躍できる可能性が高まります。

出典:内閣府

以下の表は、アメリカと中国が日本からどれくらい越境ECで購入しているか示したものです。 2015年は、アメリカへの販売額が2,019億円、中国への販売額が210億円となっています。
2019年に眼を移しますと、アメリカへの予想販売額は3,023億円、中国へは314億円となっていて、共に約1.5倍となっています。

出典:経済産業省

すべてがアメリカと中国向けということではありません。
御社の商材・技術・サービスは他の国にもアジャストする可能性があります。

海外向けサイトは集客が難しいですが、世界中からアクセスが可能なので、運営していると予想外の国から問い合わせがあったり、提携の話がきたりします。やはり「お店」は持っておかなくてはいけません。

海外サイトは御社の海外支店です。
コンテンツを充実させることによって、一年365日24時間休むことなく働いてくれます。

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に参加することにより、

関税の撤廃や通関手続きの簡易化が中小企業の海外市場進出に追い風になることが期待されています。

TPP交渉参加12ヶ国の経済規模は3,100兆円で、これは世界全体の4割を占めます。
前述しましたが、TPP参加国も御社の商品・技術・サービスが合う国になるかもしれません。


今回の補助金は、このTPP交渉参加国を主たる対象として、新たに越境ECサイトを出店又は構築する中小企業者が対象となります。


補助経費

●越境ECサイト出店・制作費用
  (越境ECサイト出店初期費用、越境ECサイト制作費、翻訳費、コンテンツ制作費)
●越境ECサイトプロモーション費用

補助額

補助対象経費(税抜)の2/3以内であって、100万円を上限とし、中小機構が認める額となります。
補助金の交付は、事業完了後の精算払いとなります。

募集期間

【第1期】平成28年6月30日(木曜日)~平成28年7月29日(金曜日)17時(必着)
【第2期】平成28年8月31日(水曜日)~平成28年9月30日(金曜日)17時(必着)

弊社はクライアントに東京五輪が決まった2013年9月から準備をしてくださいとお伝えしています。
その「準備」とは海外サイト制作です。今からでももちろん遅くありません。今から準備をしてください。

よくある失敗事例を挙げてみました。

失敗例その1
× 格安でサイトを作ったがビックリするほど何の成果もでない。。。。

海外に支店・お店を持つことは大事です。しかし誰も来てくれない(アクセスがない)閑古鳥ななくサイトを作っても意味がありません。弊社では、検索エンジンにヒットしやすくし、アクセスを集められるキーワード選定からご提案させていただきます。
また、コンテンツを増やす目的で100ページ分の英語のオリジナルテキストコンテンツをご提供させていただいております。
「安く簡単に誰でもできる」サイトではありません。

失敗例その2
× リース契約でサイトを作って今でも毎月3万円を払い続けている。解約したいができない。。。。

リース契約でサイトを作られる方も多いようです。長く運営するのであれば、安い料金の形だけのサイト制作はお勧めしませんが、リース契約はもっとお勧めしません。最終的に高額になりますし中身はその料金に見合わないものが多いです。
ドメインも制作会社にかんりされていたり、データを受け取れないといった契約になっていて辞めれず毎月支払いを続けているという悲惨な状況です。
弊社では制作して納品後、保守・管理費として毎月9,720円(税込み)いただいております。作業の質問をいただいたり簡単な修正などは弊社で承ります。ドメインもお客様に管理していただいていますし、保守・管理契約を解約される場合はコンテンツデータは全てお渡ししております。

失敗例その3
× 知り合いに安く翻訳を頼んだが、全く意味が通じない文章になっていた。。。。

これもよくある失敗事例です。ロシア語のサイトを作ることになり翻訳が必要となりました。ロシア語ができる日本人の学生さんに安く翻訳してもらいました。が、しばらく経って日本語ができるロシア人に見てもらうと笑えるほどむちゃくちゃな文章になっていたとのことです。
特に日本の文化的な内容や歴史的な文章はしっかりした翻訳でないと意味が全く通じなくなってしまいます。
折角いいサイトを作っても伝わらない文章で書かれていたらコンバージョンが下がってしまいます。翻訳にはできればお金はかけたいです。
弊社では提携している通訳レベルのプロのネイティブの外国人に翻訳してもらっています。英語だけでなく世界38言語対応させていただいています。

失敗例その4
× 折角サイトを作ったのに、そのまま放置。どうやって運営したらいいかわからない。。。。

サイトは成長させていくものです。作ったらすぐにアクセスが集まったり売れたりなんかしません。
折角いいサイトを作ってもその後の管理や運営の方法をしらなかったら宝の持ち腐れです。サイトができてからがスタートです。弊社では、運営の仕方やGoogle Analyticsの解析方法などサイトを育てて成長させる方法もお伝えしています。

今回の海外サイトの制作パッケージの内容

今回、海外サイト制作をメインにその他サービスを加え150万円でパッケージ化し、越境EC補助金を活用して多くの事業者の方々に海外サイト運営者になっていただければと考えました。補助金が採択されれば実質50万円で翻訳を含めた高質なサイト制作ができます。
トータルな海外販売のサービスをご提供させていただくことができますので是非ご一考ください。

基本コンテンツ 以下の3つは全てのパッケージに入ります。

弊社専属の補助金専門家による添削アドバイス。

雛形のテンプレートをお渡し、添削のアドバイスをさせていただきます。
実際の作成や、その他の付随する作業は、お客様ご自身で行っていただく必要があります。
補助金はビジネスを補助してくれるもので返済する必要がございませんから応募者も多いです。
簡単に採択されるものではございませんので、本気でやっていただける方のご応募をお待ちしております。

高性能のシステムにより、納品後も自由に修正可能。

海外サイト制作を数多く請けおってきた弊社が御社に合ったサイト構成をご提案させていただき、高性能のワードプレスシステムを使ったレスポンシブ化デザインのわかりやすいレイアウトで制作させていただきます。
Googleの検索上位を目指すため、キーワードの設定やタイトル決めなどもアドバイスさせていただきます。
システムに関する専用のサポートサイトをご提供させていただきますので、納品後も自社で簡単に修正、新たなページの作成などができます。

高品質のサーバー代金を含め、保守・管理費として、納品後、毎月9,720円(税込み)お支払いいただきます。
このシステムの解約はいつでも可能です。その際、コンテンツのデータはお渡しできますが、システムを使っている部分は移行した場合作動しないことがありますことをご了承ください。

日本語12,000文字をプロの翻訳者によって多言語に翻訳。

「英語のできる日本人の知り合いに翻訳してもらっている」という方も多いでしょう。
通常のお客様とのやりとりなどでは問題にないでしょうが、あなた会社・ショップの顔である海外サイトで掲載するのはご一考ください。専門性や細かい言い回し、ニュアンスが全然伝わっていない可能性があります。
この翻訳の部分は一番お金を使いたいところです。
今回弊社提携翻訳会社のプロの翻訳者に12,000文字(400字詰め原稿用紙30枚分)までネイティブ翻訳させていただきます。翻訳の言語は38言語対応させていただきます。
※12,000文字の原稿は、句読点や記号も文字数に含みますが、正しく正確な翻訳をするために省かないようにお願いいたします。

オプションコンテンツ 以下のサービスはご自由にお選びいただけます。
数量などについてはお気軽にお見積もりください。

eBay・米アマゾンへの出品・販売支援サポート。

海外オークションeBay (イーベイ)とアメリカのアマゾンのアカウント作成・販売支援をサポートさせていただきます。
アメリカアマゾンに関しましては出品代行も承ります。アメリカアマゾン倉庫に納品して販売するFBAに関しましてもお気軽にご相談ください。

英語のオリジナルコンテンツ記事(100記事から。追加50記事単位)。

こちらも弊社提携のフィリピン外部スタッフによるサービスです。
完全オリジナルのボリュームのある内容のテキストコンテンツをご提供させていただきます。
これは翻訳ではありません。メインのコンテンツには使用せずサイトのインデックス数を増やし、いろいろなキーワードで検索エンジンにヒットさせるためのものです。アクセスアップを目的としています。
お申し込み後、御社のサイトに合った内容のものを考えご提案させていただきます。

海外サイトの運営とマーケティングのサポート。

弊社担当者がマンツーマンで運営とマーケティング、Google Analyticsの解析方法などお伝えさせていただきます。ご不明な点はいつでもメールにてご質問していただけます。

アメリカの企業・ショップにDMを発送(300通から。追加50通単位)。

アメリカの企業・ショップのリストを抽出しダイレクトにチラシを配送するサービスです。
例えば、釣りのリールを販売する場合、アメリカの例えばカリフォルニア州の釣具店300店を抽出し、そこにチラシを発送するサービスです。業種・州・抽出件数をお決めいただき、弊社で発送するチラシを制作させていただきます。送料を含めた発送代行付です。BtoBの取引には効果があるマーケティングです。

組み合わせ例①

基本コンテンツ
補助金専門家による添削アドバイス
12,000文字のネイティブ翻訳
海外向けサイト制作

オプションコンテンツ
(アマゾン出品をメインにしたい)
アマゾンアカウント作成サポート
アマゾン3000出品代行
アマゾンFBA販売サポート

組み合わせ例②

基本コンテンツ
補助金専門家による添削アドバイス
12,000文字のネイティブ翻訳
海外向けサイト制作

オプションコンテンツ
(翻訳をメインにサイト制作したい)
オリジナル英語記事200
4,000文字英語とスペイン語翻訳
運営・マーケティングサポート

組み合わせ例③

基本コンテンツ
補助金専門家による添削アドバイス
12,000文字のネイティブ翻訳
海外向けサイト制作

オプションコンテンツ
(アメリカの企業に卸販売したい)
ランディングページの制作
アメリカの300企業を抽出
英語チラシ制作&発送代行(送料含む)

お申し込みの流れ

※ 補助金が採択された後、正式なお申し込みとさせていただきます。

以下の「お申し込みはこちら」より必要項目をご入力ください。

越境EC補助金申請の準備。
弊社専属の補助金専門家による相談と添削アドバイスさせていただきます。

採択された場合、正式にお申し込みいただきます。弊社に代金をお支払いいただいた後、 メールとスカイプで打ち合わせさせていただき制作に入ります。

途中何度か打ち合わせしていただき作業を進めます。
サイトは、30日~40日で納品させていただきます。

申し込み お問い合わせ

申請のサポートはさせていただきますが、実際に考え作成していただくのはお申し込みしていただく皆様(申請者)です。
期間内、本気でやっていただける方だけお申し込みください。

「越境ECについてもっと知りたい」「補助金サポートについて詳しく聞きたい」という方は是非勉強会にご参加ください。

越境EC勉強会【越境ECで成果を出す3つの方法】株式会社J-next 代表取締役 松井勇氏

ネット販売代行専門会社 株式会社J-next 代表取締役 松井勇氏をお招きし定期的に勉強会を開催しています。少人数で和気藹々としていますので、海外ネット販売の現状やサイト販売についてご興味おありの方はお気軽にご参加ください。

越境ECの補助金で海外サイト立ち上げをお考えの方も是非ご参加していただき、ご不明な点や気になる部分を直接ご質問していただけましたらと思います。

開催場所:大阪 難波
日時:

7月6日(水)7月13日(水)
15:15~16:45(90分)
参加費:1,500円
(飲み物・軽食代含む)

勉強会申し込み





PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME