輸出ビジネスをはじめる最後のタイミング

輸出ビジネスをはじめる最後のタイミング

2017-06-14

ある日本のメーカーの商品。中国人セラーがアメリカでの商標登録し独断で販売していました。

こちらが相乗り出品するとよく売れますが、すぐ警告がきます。
知的財産権の侵害ということです。アマゾンではよくあることです。

ですが今回は、メーカーから海外での販売許可をもらっていたので、なんとか売りたいと考えていました。

で、ある作戦を練っていました。
調べるとちょうど期限が切れそうだったのです。更新すればもちろんダメですが更新しない(でそのまま販売)・忘れるという可能性があったので、ずっと狙っていました。

やはり更新しませんでしたので、すぐメーカーにアメリカの商標登録してもらい使用許諾契約を結んでもらいました。


これで米アマゾン上で立場が完全に逆転しました。

ベトナムに行って探してきたベトナム商材も良く売れます(どこでどのように販売しているかはまた機会があれば)。

1つ販売すれば純利益5,000円前後でます。すぐ売れるので計画的に月20~30くらいに抑えています。
この商材は、一気に売上げを出すのではなく、ずっと継続的に販売できるようにしていっています。

もはやツールを使って価格差のある商品を出品するだけでは利益がとれなくなっています。というより売れない・販売できない状況になっているのです。

わたしはあと2・3年だと思っています。
それまでに売る力をつけて輸出ビジネスで成果を出していただきたいと考えています。

輸出ビジネス®エキスパート養成講座を今回で終わる理由のひとつでもあります。
初心者の方がはじめるタイミングはもう限られているのです。

今年から初めてもらえれば、ワンランク上の継続利益がとれるビジネスまで届きます。

補助金使ったり、アメリカの商標登録したり、海外に仕入れにいったり、ちょっと違ったことをしているのは、弊社だけでなく、弊社のコンサルティング会員さんたち多くが実践されています。

別に会社組織ではなく、会社員の方もいますし、主婦の方もいます。

多くの方が輸出ビジネス®エキスパート養成講座を受講された方々で、パソコン操作もままならない方もおら
れました。その数年後に輸出ビジネスで収益あげられているのですからすごいと思います。

タイミング的に「ネット転売」できるここ数年、そして始めるのなら今年です。

長いスパンで在宅ビジネスしたい方は是非チャレンジなさってください。

「ワンクリック」とか「一日30分」「誰でも」「完全自動で月30万」とか。。。
たまに勘違いされた方からお問い合わせいただきますが、そんなのと同じになさらないでください。

わたしがお伝えしているのはビジネスなので、簡単ではありません。
継続してもらわないと成果がでません。
しかしインターネットがある限り生活には困らない収益を得られるビジネスです。

簡単に儲けたい人はそういうところへ行って、高い授業料払っていただければと思います。
今まで、詐欺まがいの販売者に嫌悪していましたが、最近は購入者に嫌悪してきました。簡単なお金儲けはありません。

わたしは真剣にネット輸出入ビジネスを社会性の強いものにしたいと考えています。
輸出ビジネス®エキスパート養成講座は終わりますが、その活動は続けていくつもりです。



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME