PayPalのポリシー更新:受取手数料改定と新しい手数料の追加

PayPalのポリシー更新:受取手数料改定と新しい手数料の追加

2018-03-30

本日、日本ネット輸出入協会の会員限定コラムで書かせていただいた内容です。
通常は転載しませんが、今回は重要なのでこちらにも書かせていただきます。

PayPalのポリシー更新が行われました。ポリシーの更新自体は定期的に行われていて特段目を見張るものは少ないですが、今回は日本アカウントに関して大きな更新が行われました。

「日本のアカウントに関するPayPalユーザー規約の改定」ということで、発効日は2018年5月10日です。

簡単に言うと、
・海外からの商用支払いにかかる手数料が以下のように変更されます。

現行 2018年5月10日から
30万円以下 3.9% + 40円/件 4.1% + 40円/件
30万円超 100万円以下 3.4% + 40円/件 3.9% + 40円/件
100万円超 1,000万円以下 3.2% + 40円/件 3.7% + 40円/件
1,000万円超 2.9% + 40円/件 3.4% + 40円/件

マーチャントレートでも厳しいですね。

もうひとつは、
・米国銀行口座への引き出しにかかる手数料
今まで無料だったのが、2.5%の引き出し手数料が発生するようになります。

これも厳しいです。

試算してみましょう。
1000ドルの商品をeBayで販売した場合、2.9%のマーチャントレートが適用されていたとすると、1000ドルの支払いをされれば、PayPalの受取手数料は、29ドル+0.3ドルですので、1000-29.3=970.7ドルとなります。

そのアメリカドルを日本円に変えるとPayPalの為替決済手数料4%がかかるので、多くの人はWorldFirstやPayoneerのアメリカ銀行口座に移してから日本円に換えていると思います。

分かりやすく1ドル100円とすると、WorldFirst・Payoneerのデフォルトの手数料は2%ですので、1ドル98円で換えられます。970.7×98=95128.6円になります。

5月10日からは、上記と同じ条件で計算すると、PayPal口座に入るのは、965.7ドル。そこからWorldFirstに移した場合、2.5%の手数料が発生しますので、965.7-24.1425=941.5575ドル。
そこから、日本円にすると、92272.635円。

1000ドルの売上で3000円近い利益が減るという計算になります。
売上が大きいセラーほど切実な問題になりますね。

PayPalは2011年以降、売上高は右肩上がりでeBayから分社化しても業績は伸びています。
先日も、仮想通貨決済スピード向上のため特許申請したといったニュースも流れてきました。
ドンドン攻めている感じがします。

前述の5月10日以降の計算でPayPalからWorldFirstに移さず、PayPalから日本口座に移す場合は、92707.2円になります。
WorldFirst・Payoneerに移すより金額が多くなり、なおかつキャシュフローが良くなります。

「2.5%という設定」はそういった理由があります。
(WorldFirst・Payoneerの為替手数料が2%の場合です)

今回は強気のポリシー更新です。
eBayが独自決済を使うことにより、シェアが小さくなるのではなく、逆に攻勢をしかけてシェア拡大を図っている感じです。

さて、わたしたちができる対策はなにでしょう。
円高対策のひとつとして、2008年のわたしのメルマガに、

わたしはいくつかの商品を海外向けに販売していますが、決済の約90%は「PayPal」です。
デメリットもいろいろあるのですが、簡単に導入できるのがいいですね。
PayPalで決済されると、手数料を引かれて、PayPal口座にストックされます。
通常、そこから日本の自分の銀行口座に送金するのですが、送金せずに、円安になるのを待って送金すればこの問題は解消されますね。(本来頻繁にした方が良いのですが)

と書いています。
これも対策のひとつではありますが、キャッシュフローが著しく悪くなります。

PayPalに入ったドルで仕入れをするというのは効果があります。
輸入ですね。

あとは、ちょっと裏ワザ的ですが、アメリカのPayPalアカウントを持つということです。
わたしはアメリカに会社があるので作っています。いろいろメリットはありますが、みんなができる一般的な手法ではありません。

為替であったり、利用しているサービスの手数料変更は、わたしたちにはどうすることもできません。

やはり行動するのが一番です。
ピンチはチャンスではありませんが、新しい行動に移さざるを得ないいい機会です。

わたしはやはり「海外サイト販売」をお勧めします。

そしてPayPalでドル以外の通貨を使っている国には「円決済」をする取引を増やすのです。
そうすることで為替の影響は少なくなります。

いろんなアイデアを出して行動していきましょう。



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME