中山諒司のカメラ輸出コンサルティング

インターネットを利用した海外への販路拡大のご提案

国内でカメラを販売されている事業者様へ

国内でも人気のあるカメラですが日本製のカメラは海外ではさらに人気があり需要もたくさんあります。

その証拠に海外からの観光客の方々はほぼ何かしらのカメラを所持していることが大半です。
観光に来たついでにカメラ店に立ち寄る方も珍しくありません。

しかし国内のみでの販売ですとこのように日本のカメラが欲しいと思っている外国人に販売できる機会が限られてしまいます。

インターネットで購入しようにも海外から日本のサイトで買うには言語の問題があったりサイトによって規制が厳しかったりとハードルが高いのが実情です。

それではどうすればよいのでしょうか?

それは私たちが海外へ販売すれば良いのです。

そして海外へカメラを販売することでたくさんのメリットを享受することができます。

海外販売において必須のオークションサイト ebayとは?

アメリカのカリフォルニア州に本社を置く世界最大のオークションサイトです。
もしかすると初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方でも国内のヤフーが運営するヤフオク!(以前はヤフーオークション)であればご存知の方も多いのではないでしょうか。
簡単に言えばヤフオク!の世界版とお考えいただければ結構です。

ヤフオク!では販売先が原則日本国内に限られますが
ebayの場合は世界中の国々を相手に販売することが可能です。
現在世界の人口が約75億人ですので約70倍のシェアがあるということになります。

そんなebayの市場でカメラという商材は最もメジャーな商品の一つとなっております。

日本人が有利な市場

Ebayは日本人にとって大変有利な市場です。

海外の方から見ればやはりカメラと言えば日本が一番です。
キャノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス、ソニーなどたくさんの有名なメーカーが日本にはあります。

そして何より評価されているのが日本人の国民性です。

具体的には

「誠実で丁寧なので信頼できる」

「誠実で丁寧なので信頼できる」

「状態のよい商品が多い」

「購入後の対応がとても速い」

といった評価を得ておりカメラのカテゴリーに関しては約90%のバイヤーがまた日本人から購入したいというアンケート結果も出ています。

例えば発送に関していえば同じアメリカ国内であっても場所によっては購入した商品が届くまで2,3週間かかるといったことも決して珍しいことではありません。

もちろんアメリカは国土が広いので仕方がない部分もあると思いますが日本ではたとえ北海道から沖縄でも一週間以上かかることは基本的にございません。

それが遠く離れた日本からアメリカまで早ければ発送して3,4日で到着します。
アメリカのバイヤーが感心して驚くのも無理はございません。

また購入後の対応の迅速さも非常に評価されています。
日本人セラーの商品購入から発送までの期間がたいてい1~3日以内だからです。

私たちにとっては当たり前かもしれませんが海外のセラーですと購入して1週間経っても発送しないということが珍しくありません。
しかも平気で忘れていたと悪びれることもなく言うのです。

これらの例からもebayは日本人にとって非常に販売しやすい環境であることを御理解いただけたと思います。

ebayの取引の流れ

eBayは資金繰りの観点からも非常に優秀な市場です。
そしてご存知の方もいらっしゃると思いますが取引にはPaypal(ペイパル)という決済サービスを利用します。
最近では国内取引でも利用される機会が多くなりました。

このサービスを利用すればどなたでも簡単に海外とお金のやり取りが出来ます。
もちろん海外の銀行口座などは必要ございません。

簡単な取引の流れをご説明致しますと以下のような流れになります。

①ebayで商品を販売

②Paypal口座に米ドルで即入金 (注1)

③Paypal口座から日本の銀行口座へ資金移動の手続き

④日本の銀行口座に日本円で入金 (注2)

といった流れです。決して複雑ではありません。

最短の場合ですと商品を販売してから翌日には日本の口座へ入金されます。

(注1)・・新規でアカウントを作成後は最初の一定期間のみ21日間かかります
(注2)・・取引が少ない内は3,4日かかりますが取引を重ねますと翌日に入金されるようになります

ebayは簡単に始められるが売ることは難しい

ebayはパソコンとインターネットができる環境があれば誰でもすぐに始めることができるとお伝え致しました。

しかし実際に商品を売ることはそんなに簡単なことではありません。

何でもかんでも出品すれば売れるといったわけではなく商品の選定やタイトルの付け方、撮影方法、説明に明記すべき内容など海外へたくさん売るためにはしっかり抑えておくべきポイントは理解しておかなければなりません。

① 国内と海外では求められる商品が違う

国内のユーザーと海外のユーザーとを比べると売れ筋や求められている商品が違います。

もちろんどちらにも人気がある商品もありますが国内での需要はあまりないけど海外には大きな需要があるといった場合も多々あります。

そのためどんなメーカー、あるいは機種が海外に需要があるのかを見極めるリサーチ能力を身につける必要があります。

② 販促ツールやアルゴリズムを知る必要がある

ebayにはもちろん他のセラーもたくさんいます。

その中から自社の商品を購入してもらうためにはebayで利用できる販促ツールやアルゴリズムを理解する必要があります。

わかりやすく言いますといかにして自社の商品を上の順位に持ってこられるか、検索されやすい位置に持ってこられるかが重要になってきます。

利用可能なツールを有効に使いebay内のルールを知ることで効率よく売り上げを上げる必要があります。

③ 適切なトラブル対応

国内での販売にも言えますが商売をしておりますと何かしらのトラブルやクレームが起こることがございます。

特にebayでは信用が重視されておりそういった点では日本人の国民性を生かすことができるので海外のセラーより優位な立場になります。

逆に言えば適切な対応が出来なければセラーとしての信用を失い大きく売り上げを伸ばすための障害になります。

海外販売におけるトラブルの種類やパターンというのはだいたい決まっているのでそのパターンと対処法を知っておけば大きなトラブルになることはない上に信頼を得ることにも繋がります。

もちろんトラブル時も経験豊富なスタッフがサポート致しますのでご安心いただけます。

④ 国や地域の特徴を掴む

日本のカメラは海外からの支持がとても大きくアメリカやヨーロッパ諸国を筆頭にアジアやオセアニア、南米まで世界中からご注文をいただきます。

しかしご注意いただきたいのは国や地域によっていろんな特徴があるためそれを予め理解しておく必要があります。

例えばヨーロッパ地域にはどのメーカーのレンズが売りやすいといった特徴があったり南米地域は遠いことから遅延が発生しやすいのでそれを重点的に説明しておく必要があるなどです。

またそれぞれの国や地域で文化や考え方も異なるのでバイヤーさん(買い手)の性格も全然違います。

これらを知ることで適切な顧客対応が可能となります。

サッカーや野球のようなスポーツでも強いチームは攻守ともに優れたチームであり片方だけ優れていても強いチームになれません。

これはカメラの海外販売にも言えることで攻撃面(販売)と防御面(トラブル対応)を磨くことで売り上げや利益のアップにつながります。

経験、知識共に豊富な弊社のスタッフが全力でサポート致します。

クライアントの声

群馬県  個人経営 カメラ店 様

これまで長らく国内のみで営業をしてきましたが数年前に日本のカメラが海外にとても需要があるということを知りました。

とは言ってもどのように海外へカメラを販売したらよいのかもわからなければ英語が話せるわけでもなかったのでとてもじゃないですが挑戦する気になれませんでした。

そんな時にこちらのコンサルティングサービスがあるのをインターネットで見つけて何とかして売り上げを増やしたいという思いで申込み致しました。

やりとりが基本的に英語なので最初は手こずりましたが伝票の書き方や商品の発送方法から商品の出品、顧客対応の方法など一から懇切丁寧に教わることができたおかけで徐々に慣れていき初めの一か月でいくつか売れていきました。

そこから2,3ヶ月、そして半年と経つころには国内売上とほぼ同じくらいの売上をあげられるようになり30%ほどの売上増となりました。

今では全く慣れていなかった英語にも少しずつ慣れてきてアメリカやヨーロッパなどの主要国からこれまで聞いたことのない国からの注文があったりとカメラと通じて世界とつながっていることに楽しみを覚えるようになりました。

福岡県  カメラ店経営者 様

これまで約30年間国内でカメラ店としてやっておりましたが国内だけでなく海外にも日本のカメラ類の需要がたくさんあることは知っていました。

以前海外販売へ挑戦しようとある海外カメラ販売のコンサルティング塾へ申込みをして入学致したのですがそこは入学前は手厚いサポート等を謳っていたものの実際は最初にマニュアルのようなものを渡されてそれに従えというものでした。

質問メールの返答も非常に遅いか、返信がないということもあり細かいサポートは全くなかったこともありすぐに挫折してしまいました。

その後数年経って今以上に売り上げをアップさせたいということもあったので再度海外販売へ挑戦しようと考えました。

そんな時にこちらのコンサルティングサービスをインターネットで発見し藁をも掴む思いで申し込みをしました。

以前のコンサルティング塾とは違い質問に対する返答もきっちりいただくことができ、商品の出品から発送に関する対応はもちろん顧客からの質問やクレーム対応に至るまでとても丁寧にご指導いただくことができて満足しております。

最初は中々慣れませんでしたがしっかりとしたサポートがあったおかけでしっかりと継続することができているので少しずつ海外への売上も増えております。

いざというときにはサポートがある安心感があるのでこの調子でもっと売り上げをアップしていきたいと思います。

クライアント販売実績の一例:You have soldの項目が、eBayでの1ヶ月の販売数と販売合計額です。

カメラを海外販売する4つのメリット

メリット① インターネットとパソコンがあればOK

海外へ販売するためにはインターネットができる環境とパソコン1台がございましたら実践が可能でございます。

よく巷のセミナー等で海外の銀行口座がなければできない、または間に入ってくれる仲介業者がいないとできないといったことをおっしゃる講師の方もいらっしゃいますがそんな必要はございません。

インターネットとパソコンの2つで実践できます。

メリット② 70倍のシェアがある

今世界の人口がどのくらいかご存知でしょうか?

現在は約75億人にまで膨れ上がっています。
それに対して日本の人口は1億数千万人ほどです。

つまり海外に視点を向けることで単純にシェアが約70倍膨れ上がることになります。

よく海外のどの国に売れるのか?といったご質問をいただきます。

答えとしてはどこでも売れるという答えになります。
これは冗談ではございません。

私たちの住むアジア圏はもちろん東南アジアやオセアニア、北米から南米、ヨーロッパ諸国にもたくさんの需要がございます。

もっと具体的に見ればやはりアメリカやイギリス、オーストラリアといった先進国は特に売れやすい傾向にあります。

メリット③ 24時間営業が可能

インターネットで海外へ販売するということは皆さまの海外の支店を持つということになります。

特に国内で実店舗を中心に運営されている方は営業可能な時間は限られております。コンビニのように24時間営業とするわけにはいきません。

また最低でも1人以上の人手も必要になってきます。

しかしインターネットによって海外支店へ商品を出すことで75億人を相手に24時間営業が可能になります。

いったん商品を出してしまえば後は海外のお客様が勝手に商品を見て欲しいものを購入してくれるので実店舗のように常に接客をする必要もございません。

365日稼働しているので例えば日本のゴールデンウィークやお盆期間、年末年始も全く問題なく営業することができます。ご家族と楽しんでいる間にも商品は売れていきます。

メリット④ 消費税の免税を受けられる

輸出業者に認められた制度に輸出免税というものがございます。

これは海外へ販売した物に関しては消費税が免除され後ほど還付されるという制度です。

国内で商売をしている限りは消費税を納める義務がございます。

しかし輸出した物に関してはその義務はないということになります。

これは輸出業者のみが享受できるメリットの一つです。

海外へ販売することのメリットについては十分に御理解いただけたかと存じます。
皆さまの海外支店での販売を経験豊富なスタッフが全力でサポート致します。

サポート内容

シルバー会員

月額:15,000円(税抜)
●メール相談無制限
        (48時間以内)

ゴールド会員

月額:30,000円(税抜)
●電話(スカイプ)相談 月2回
        (1回60分)
●メール相談無制限
        (48時間以内)

プラチナ会員

月額:70,000円(税抜)
●訪問相談 月1回
●電話(スカイプ)相談 月4回
        (1回60分)
●メール相談無制限
        (48時間以内)

カメラ輸出専門コンサルタント 中山諒司

中山諒司1987年7月9日 大阪生まれの奈良育ち。
同志社大学経済学部卒業。

リーマンショック後だったこともあり就職氷河期と言われていたが大学卒業後地方の銀行に就職する。
サラリーマン時代にこれからの将来を見出すことができないことや独立したいという強い思い、また当時の上司との確執があったことから2年後に退職。

その時にBUYMAという輸入ビジネスに出会いアルバイトをしながら併行して実績を上げました。
そこで築いた人脈の伝手で自らプレイヤーとして販売しつつBUYMAのビジネスを指導するスクールにサポートとして尽力いたしました。

trsその頃、ebayにも参入しカメラの販売を実践することで大きく利益を出すことができるようになり独立を決意し、数年来トップレイティドセラーとして、eBayでカメラを販売し続け実績をあげ続けています。
マンツーマンで、みなさまの海外販売のサポートをさせていただきます。


コンサルティングサービスの運営は、株式会社テントゥワンが行います。
側面から万全のサポートをさせていただきます。
弊社代表塚原のプロフィールはこちら

お申し込みの流れ

中山諒司のカメラ輸出コンサルティング会員規約をお読みください。
新規コンサルティング会員様は、3ヶ月分前払い(銀行振込かPayPal)。
その後は毎月のコンサルタント料金をご指定金融機関の口座から引き落としとさせていただいております。

毎月のお支払は、毎月27日ご指定の銀行よりの口座引き落としとなります。

退会・返金について

コンサルティングサービスの解約は、メールにて退会の旨をご連絡いただきました時点で解約となります。次月のコンサルティング料金の請求は止まります(銀行より引き落としが実行された場合は返金させていただきます)。
尚、その他の返金は一切受け付けておりません。



【中山諒司のカメラ輸出 コンサルティング会員】お申込みフォーム
御社名・屋号
申込者様氏名  *
ふりがな  *
メールアドレス  *
メールアドレス(確認用)  *
ご希望のコンサルティング会員コース  *
郵便番号  *
都道府県  *
ご住所  *
マンション名など
電話番号  *

PAGE TOP





MENU

CONTACT
HOME